もらい事故の交通事故なら弁護士に相談を

もらい事故

きちんと安全に気をつけて問題のない運転をしていたのに交通事故に遭ってしまうことがありますが、被害者側に何の落ち度もないケースのことをもらい事故といいます。

もらい事故は、自分か弁護士が示談交渉することになる

このようなもらい事故が起きた場合には入っている保険会社に示談交渉を任せたくなりますが、それは不可能ですので自分自身で話し合いを進めるか弁護士に依頼して交渉を行ってもらう必要があります。

実は全体の交通事故の中でもかなりの割合を占めていて3分の1にものぼると言われていますが、もらい事故ではせっかく保険に加入していても保険会社に示談交渉を代行してもらえませんので被害者自身が交渉に当たることが多いようです。

しかし、知識もノウハウもない被害者が自らで処理に当たろうとすると十分な損害賠償が得られない可能性が高くなりますので、法律の専門家に依頼した方が得策です。

過失割合は、被害者に落ち度がないのですから被害者が0で加害者が100となります。こういった割合は警察が決めるものだと勘違いしている人も多いようですが、基本的には双方の保険会社が話し合って決定するものであり、その話し合い次第で希望するような結果が得られないことも十分にあり得ます。

交通事故弁護士に相談するメリット

もっとも大きな問題は、被害者側に賠償責任が生じないために保険会社が損害賠償金を支払う必要がないことから、被害者の示談交渉を保険会社が代行できないという点ですので、選択肢は自分で示談交渉をするか弁護士に依頼するかしかありません。こういった交渉は素人が進めるのは非常に難しいですし、相手のペースで進められてしまうことも多いので、結局は弁護士を頼ることになります。

弁護士を利用する場合にも2つの選択肢がありますが、自動車保険についている弁護士費用特約を利用しているのなら、それを利用して依頼することでかかった費用を保険会社に支払ってもらえます。

利用する所によって金額は異なりますが、年間数千円程度でこの特約をつけることができますので、万が一のために加入しておくと安心です。特約をつけていなかった人は個別に法律相談を受けることになりますが、やはりお金の面がネックになることが少なくありません。

しかし、専門家の力を借りて交渉すれば慰謝料などの損害賠償金の増額が期待できますので、自分で進めるよりもプラスに働く可能性が高くなります。

無料法律相談を活用!

まずは法律相談を受けてみて、どの程度の示談金が得られそうかという見込みを教えてもらい、それから自分で交渉する場合と比較して依頼した方が良いのかを検討してみると良いかも知れません。

依頼する場合のメリットとして、示談金の金額が大幅にアップすることが多いという点が真っ先に挙げられます。被害者自身が行うと相手の保険会社は低い金額での自賠責基準や任意保険基準によって賠償金を計算してきますが、専門家に入ってもらうことで高額な基準によって計算されます。

弁護士、裁判基準で計算をしてみると、実際に支払われる慰謝料は2~3倍になることも決して珍しくはありません。

交渉のプロですので、手続きがスムーズに進められるというのもメリットです。代行してもらっている間は被害者が動く必要はありませんので、手間もかからず安心して任せることができます。最終的に得られる内容は被害者にとって良いものになりますので結果的にも満足のいくものになりますが、それだけでなく煩わしい示談交渉から解放されてストレスが無くなる点が重要なポイントです。

交通事故が起きた場合、示談交渉自体は自分の希望通りに進められても過失割合が大きくなって過失相殺によって受け取れる金額が下がることがあります。過失割合を適正にするためにも依頼をした方が良いと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする