交通事故むち打ち!突然の治療打ち切りの対抗方法

むち打ち

むち打ち症状とは

追突事故などの交通事故では、受傷後にむち打ち症状に長期間悩まされることが、しばしば経験されます。これは事故の衝撃で首周りの筋肉や脊椎をつなぐ靱帯などに、ダメージを受けたことにより頑固な頭痛や肩こり、場合によってはめまいに悩まされると、言う症状です。

治療費負担

治療中は加害者側の保険会社が治療費を負担してくれるので、被害者は治療費の工面と顧慮することなく、治療を受けることが出来るのです。

当たり前の結論のようですが、加害者は被害者の負傷の原因と作り出しているので、損害賠償を支払わなくてはならないのです。その支払いを加害者加入の保険会社が変わって行う以上は、必要な期間の治療費は支払って当たり前です。

しかるに3ヶ月以上に治療が長引いてくると、支払いを打ち切られることがあります。そこで保険会社から治療打ち切りを通告された場合の、対応策を確認しておき、万が一の事態に備えましょう。

なぜ保険会社は治療打ち切りを通告するのか?

そもそも何故、保険会社は治療が必要な場合でも逢えて、費用支払いの打ち切りを通告するような振る舞いに出るのか。もちろん一番の動機は治療費が高額になるのを抑えたい、と言う側面があります。

相手の保険会社もボランティアではなく、営利事業である以上自社の支払いは少なくしたいと考えているわけです。さらに入通院慰謝料が治療期間に比例して高額になる点も見逃せません。

自動車ドライバーは自賠責保険に加入しているので負傷による慰謝料は、最高額が120万円に設定されています。自賠責保険は被害者保護のために強制加入とされているわけですが、最低限度の補償額のため実際の損害をカバーしきれない場合が想定されます。

自賠責保険の補償額に収めたい

自賠責で足りない部分を補償するのが、各保険会社の任意保険なわけです。しかし、自賠責保険の補償額の枠内で治療費を抑えることがかなえば、自社の負担を抑制することにつながります。そこで症状が安定しないにも関わらず、治療費の打ち切りを通告してくることがあるのです

自賠責保険(共済)に関して、詳しくは、国土交通省サイト「自賠責保険(共済)とは」をご参考ください。

むち打ちは3カ月が打ち切り目安

仮に交通事故後のむち打ちの症状が、まだあるのに保険会社の治療費打ち切りと示談案を受諾すると、必要な治療費を負担してもらえないリスクが非常に高くなります。それだけでなく後遺障害に該当する症状が残っているにも関わらず、後遺障害等級の認定を受けることも、困難になってしまうのです。むち打ちの場合、目安としては3ヶ月程度の治療期間を超えてくると打ち切りの告知を受ける可能性が高くなってきます。

症状固定を決めるのは医師

もし治療打ち切りを保険会社が通告してきたら、主治医に相談してまだ治療が必要である旨の記載がされた診断書を欠いてもらって、保険会社に提示する方法があります。

治療は「症状固定」まで継続する必要があります。症状固定とはこれ以上治療しても症状回復の見込みがない、状態です。しかし症状固定は医師の医学的知見に基づいて判断するものであって、保管会社が勝手に判断できるものではありません。医師の診断書を反論材料に提示すると、保険会社は知立費の支払いの継続に同意することもあります。

参考:交通事故の症状固定とは

弁護士に相談しよう

しかしそれでもなお、強硬に治療打ち切りを主張するようであれば、弁護士に依頼するのが賢明です。弁護士であれば、豊富な法的知識を元に保険会社との示談交渉に臨んでくれるので、言いくるめられる恐れはありません。

あくまで依頼者本人の利益の為に行動してくれるので、安心して交渉をお任せすることが出来ます。保険会社の担当者は示談のプロです。一般人が交渉の場に立っても、対等な交渉を展開するのは非常に困難で、精神的ストレスも覚悟していなければならないのです。そこで弁護士に示談を任せれば治療に専念して、早期の回復も望めます

交通事故のむち打ち症状の治療中に、打ち切りを提案されても唯々諾々と従うことなく、弁護士等の専門家のサポートを受けるようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする