交通事故弁護士に被害者が依頼するメリット

弁護士相談メリット

日本は車社会ですから、安全に気をつけていても交通事故の被害者になる可能性はゼロではありません。ただ被害にあった場合でも適切に処理を行えば、怪我をしても病院に通って治療をしっかり受けることができますし、車が壊れたときの修理費用を請求することができます。

自賠責保険と任意保険

現在は車を運転する人は必ず加入しなければならない自賠責保険の他に、民間会社がサービスを提供している任意保険があります。

自賠責保険の限界

自賠責保険は法律で加入が義務付けられているものですが、それだけでは交通事故の加害者になったときは被害者への慰謝料を支払うことができません。

被害者のために治療費だけでなく、怪我をしている間に働いて稼げる筈だった費用も支払わなければなりませんし、長い治療期間が続くと莫大な費用になってしまいます。

自賠責保険で賄える費用は限られていますから、任意保険に加入していなかったら、全て自己負担になり、最悪の場合は破産をしてしまうことがあります。

任意保険の重要性

そのようなことから任意保険に加入することが大事だとされていますが、その保険に加入をしておくと、弁護士特約というオプションサービスを利用することができます。

そのサービスに加入しておけば、交通事故の慰謝料を請求したり、示談交渉を行うときに専門的な知識を持つ弁護士が代理人となってくれます。オプションサービスを利用するときは、自動車保険にいくらか追加料金が必要になりますが、独自に依頼をするよりも安いのでお得です。

被害者になったら、加害者が加入している自動車保険会社から慰謝料を提示されたり、治療費に関する連絡がきます。その際に提示される金額は、自分が予想していたものよりも低く、足りないと感じることが少なくありません。

保険会社も支払う慰謝料や示談金を少しでも安く抑えたいと考えているからです。保険会社の社員に強く言われたり、金額を提示されてしまうと、不満があっても言い返すことができない人は少なくありません。

そうなると泣き寝入りのような状態になってしまい、自分が被害者で落ち度がないのに、病院に通うときにかかる医療費も自己負担になってしまうことがあります。

弁護士相談のメリット

しかしそれでは納得がいきませんから、そんな時に自分の代わりに代理人となって交渉をしてもらうと、多くの場合で賠償金や示談金が増額するというメリットがあります。

その理由として、保険会社は会社で定めた独自の計算方法で慰謝料の金額を計算して、被害者に提示をしています(通称:任意保険基準)。

一方で弁護士の場合は、これまで裁判になった判例などに基づいて慰謝料や示談金を算出するので、保険会社よりも高い費用を提示することができるからです(通称:弁護士基準、裁判基準)。

参考:交通事故の3つの慰謝料基準とは

弁護士は交渉のプロですから、納得のいく金額を保険会社が支払うように粘り強く交渉してくれるので、信頼することができます。また、被害者が自分で交渉しなくても、弁護士が全ても手続きを行い、交渉の場に代理人として出向いてくれるので、しなければならないことがほとんどありません。

交渉の結果を待つだけでいいので、気持ちが楽ですし、その間に治療に専念することができるというメリットがあります。そ

の他に交通事故の被害にあった場合、事故直後は特に痛みを感じなくても、ある程度の時間がたって気が抜けたときに痛みを生じることがあります。交通事故によって発症することが多いむち打ち症などは、継続的な治療を行わなければ完治が難しいので、長い通院が必要になります。

事故から時間がたってから治療費を請求したい、継続的な治療を受けるために後遺障害等級を獲得したいというときにも個人で交渉をするよりも、弁護士に代理人になってもらったほうが複雑な交渉もうまくいくというメリットがあります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする