人身事故への切り替え方(物損事故にされた)

交通事故

物損事故と人身事故との違い

物損事故は物損しか発生していない事故であり、人の怪我などは考慮されません。人身事故は物損だけでなく人の怪我を考慮する事故であり、人身事故で処理することで保険なども下りるようになります。

相手が物損事故を求める理由として、そうすることで刑事処分や行政処分を受けないようにできるからです。交通事故を起こすと加害者は免許の点数が加算され、下手すれば免許停止や免許取り消しの処分になってしまいます。また自動車運転過失致死傷罪で捕まってしまい、実刑を食らう可能性もあるためできる限り人身事故の扱いは避けたいと思います

物損事故の被害者デメリット

物損事故のままでは被害者にとってデメリットが多く、慰謝料が雀の涙程度になってしまうことです。物損の被害しかないため、それを弁済すればそれ以上何か責任を取ることもありません。

もし、むち打ちの症状が出てきたとしても、交通事故との因果関係が認められない可能性が出てきます。そうなってしまうと交通事故が原因のむち打ちなのに何の弁済もなく終わってしまうことになります。こうしたことを避けるためにも人身事故として扱ってもらうだけでなく、なぜ物損事故にされてしまうのかをよく考えておく必要があります。

人身事故の切り替え手順

まず切り替える際には警察に人身事故の届出を行います。交通事故から10日ぐらいであれば届出を出せば切り替えてもらえる可能性があります。

その際に必要なのは医師の診断書です。交通事故を理由とした傷を負っていると診断書に書いてもらって提出すれば、因果関係がはっきりとしていれば切り替えがうまくいきます。

しかし10日以上経過していたり、因果関係があまりはっきりしない場合は切り替えを認めてくれないことがあります。体に何の異常がなかったとしてもすぐに病院に行って診察をしてもらい、状況を確かめることが必要です。

人身事故証明入手不能証明書

万が一警察が認めない場合は、人身事故証明入手不能証明書を相手の保険会社に提出することで民事レベルで切り替えてもらうことをしていきます

事故証明書がなければ切り替えができず、しかも警察がそれを認めないために出せないというのを相手の保険会社に提出します。理由の部分では、最初の段階では痛みがなかったため物損事故での処理を認めたが、後になってむち打ちなどの症状が出てきたため切り替えたいなどと書きます。

あとはそれを相手の保険会社が認めてくれれば切り替えることができ、通常の示談交渉になっていきます。

弁護士に切り替え依頼

それでも認めてくれない場合は裁判を起こすしかありません。裁判所で事故の認定をしてもらって交渉を進めていきます。これらの対応は弁護士に任せることで解決する可能性を高めます。

警察に届出を出す段階から弁護士に任せておけば警察に切り替えを認めさせるための証拠などを準備してから交渉できます。

保険会社に対しても同じような対応をすればよく、裁判になってすべてを法廷で解決しようとすれば支払うべき金額があがってしまうことがあります。それを阻止するためにも早々に切り替えてしまって話し合いで解決しようと相手がするケースも考えられます。

切り替え制限

そもそも切り替えるのに制限時間などはなく、1ヶ月後でも切り替えることはできます。ただそれだと本当に交通事故との因果関係があったのかがわからないために警察があまりいい顔をしないのが要因です

1度は物損事故で処理してしまったとしても、弁護士などに相談して再び切り替えてもらって普通の事故の扱いで交渉を進めていくことがおすすめです。もっと言えば、相手がそうした処理を求めてきたときは自分のことしか考えていない表れでもあるため、絶対に鵜呑みにせずすべてを警察にゆだねるぐらいのことをしても全くもって問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする